Archive For 6月, 2015

クリームティー

紅茶にスコーンは欠かせないお菓子です。イギリスの伝統的なティータイムメニューに『クリームティー』というのがあります。基本的なミルクティーとスコーンのセットのことですが、夏場ということもあり、アイスミルクティーのアレンジティーと一緒にスコーンを作っていただきました。

612-8

クリームティーに欠かせないクロテッドクリーム。生クリームとバターの中間に位置する乳製品ですが、少々お高めと長野市内では限られたお店でしか入手出来ないため、今回は私流のクロテッドクリームを紹介しました。

612-5

都会に住んでいらっしゃる方からすると入手出来ないなんて、さぞかし長野は田舎なんだろうなぁ…と思われてしまいますね(笑) 確かにクロテッドクリームの入手は限られていますが、そこまで田舎ではありませんよ。あぁ…でも個人的な意見として、長野のお買い物で一番困るのは靴かしら?(笑)

P1040986

涼しげなムースと共にいただくスコーンは格別でしたよ。

612-2

皆さんもクリームティー、是非トライして下さい。ありがとうございました。

 


水注とホットウォータージャグ

オリジナル紅茶の『VIVITEA』を発売して以来、自宅レッスンではVIVITEAを使うことが多いのですが、今日は久しぶりに他のメーカー紅茶を飲んでいただきました。大好きな『TWG』。シンガポール発祥の紅茶ですが、茶葉の質はもちろんですが何と言ってもパッケージが可愛いです。

611-4

今はネットで色々な紅茶が買えますが、私は東京に行く時は必ずb紅茶専門で紅茶を飲んだり、デパ地下の紅茶売り場に行き、ついついたくさん買ってしまいます(笑)

買う時の基準は、店員さんとの会話や試飲、あとやっぱりパッケージかな(笑)

 

そして今日は珍しいポット…ではなく『水注』です。

611-2

茶道の知識がある方ならご存知だと思いますが、茶道・煎茶道で使用されている道具で、お水をつぎ足すための道具です。茶道と煎茶道では使われ方が少し異なるそうですが、実は紅茶にも『ホットウォータージャグ』と言って、お湯をつぎ足す道具があります。紅茶が濃くなりすぎてしまった時に薄めるために必要なお湯の事です。大勢のお客様のティータイムには、渋さなどそれぞれお好みがございますので、必要な道具です。

611-3

取っ手のところに刺繍があります。手の込んだ珍しい水注です。茶道、煎茶道、珈琲…私の知らない世界がまだまだありそうです。

 

 

 

 


水出し紅茶のアイスレモンティー

夏になるとよく耳にする『水出し紅茶』
お湯を沸かさず、冷水で抽出させた紅茶の事で、手軽に作れるので、夏の間は重宝されます。温かい紅茶に比べ、渋味や苦味が控えめになるので紅茶に馴染みがない方でも失敗なく作れます。

水出し紅茶に向いてる茶葉はいくつかございますが、オススメはダージリンです。ホットで淹れたダージリンテに氷を入れ、アイスティーにするのはNGですが、水出しにした場合はとても美味しいです。
でもフレーバーが苦手でない方、また人とは少し違うアイスティーを作りたいという方にオススメなのが、VIVITEAシリーズのフルーツマリーゴールドです。

スリランカ産の茶葉の中に沢山のマリーゴールドが入ってますし、なんと言っても香りが抜群です。ブログでは、この香りをご紹介出来ないのがとっても残念(笑)
今回は、この水出ししたマリーゴールドのアレンジティーをご紹介。
普段から、このように1リットルのポットに水出ししたマリーゴールドが冷蔵庫に入っているのですが、レッスンでしたので、そのまま水出ししたアイスティと蜂蜜に浸してあるレモンを入れたアレンジティーを飲んでいただきました。


炭酸水を入れてもいいですし、フルーツやジャムなど入れたり、基本の水出し紅茶があると色々なパターンのアレンジティーが出来ます。
是非ご自宅の冷蔵庫に水出し紅茶を作ってみては如何でしょうか。