今年最後のレッスンをしました。

レッスン内容はクリスマスティー
クリスマス当日だったので、モチベーションもあがりました。 『BASILUR バジラー』というスリランカの紅茶メーカーさんのクリスマスティーを見ながら、皆様にもオリジナルクリスマスティーを作っていただきました。

1224-4

バジラーは紅茶の缶が有名なブランドで、クリスマス限定ver.は特に素敵なものばかり。

この缶はオルゴールになっていて紅茶缶を開けながら音楽が聞こえてきます。

缶が素敵で紅茶を好きになったという方も多いのではないでしょうか。使い切った紅茶缶をインテリアとして飾られる方、お花を生けられる方、ペン立てにされる方、皆さん様々です。

ちなみに私は、インテリアとして飾ることもありますが、子供がペットボトルの蓋を集めているので、ペットボトルの蓋入れやベルマーク入れなどに使ってますよ(笑)

 

先週までのアレンジされていたもみの木も散りばめて、サンタのお人形も飾ってみました。

1224-1

お客様は昨年もクリスマスティーを作っていただいたので、手際よく、でも昨年とは少し違ったバージョンで…と皆様工夫しながらのレッスンでした。

今年は基本の茶葉を4種類、まずは試飲していただいてから、お好みの茶葉をセレクトしていただきました。

1224-5

今年はマロウブルーも入れて鮮やかにしてみました。

マロウブルーとは、色の変化を楽しめるハーブティーで、サプライズティーとも言われています。

夏のレッスンではウエルカムティーとして大活躍したハーブティーです。

1224-6

今年最後の生徒さんは私がレッスンを始めた頃からの方々でした。

レッスンを受講されたら、また皆さんで集まって復讐されているというほど熱心な方ばかり。

私の紅茶レッスンを、癒されに来ているともよく言って下さいます。

新メニューで不安な時、彼女達に『美味しい~!』『このメニューいいですよ』と言っていただけると、私は地震を持つことが出来ます。→プロとしてはあまいかな(笑)

 

今年は大勢の方とお知り合いになることができ、とても充実した年でした。

レッスンを何度も受講され、私と会う機会も増えると、紅茶だけでなく、仕事の事・家族の事など色々なお話をして下さる方も多く、時には感極まって泣いてしまう方も…。そして私自身も泣いてしまったレッスンもありました。

 

レッスンをしなければ、出逢えなかった方々。これも皆様のお蔭です。本当にありがとうございました。

まだまだ勉強しなくてはいけない事は多々ありますが、来年も精一杯、楽しく、美味しい紅茶の淹れ方をご紹介出来たらと思っています。一年間どうもありがとうございました。

来年も宜しくお願い致します。

 

武井 由佳