BLOG

今年最後のレッスン♪

今年最後のレッスンをしました。

レッスン内容はクリスマスティー
クリスマス当日だったので、モチベーションもあがりました。 『BASILUR バジラー』というスリランカの紅茶メーカーさんのクリスマスティーを見ながら、皆様にもオリジナルクリスマスティーを作っていただきました。

1224-4

バジラーは紅茶の缶が有名なブランドで、クリスマス限定ver.は特に素敵なものばかり。

この缶はオルゴールになっていて紅茶缶を開けながら音楽が聞こえてきます。

缶が素敵で紅茶を好きになったという方も多いのではないでしょうか。使い切った紅茶缶をインテリアとして飾られる方、お花を生けられる方、ペン立てにされる方、皆さん様々です。

ちなみに私は、インテリアとして飾ることもありますが、子供がペットボトルの蓋を集めているので、ペットボトルの蓋入れやベルマーク入れなどに使ってますよ(笑)

 

先週までのアレンジされていたもみの木も散りばめて、サンタのお人形も飾ってみました。

1224-1

お客様は昨年もクリスマスティーを作っていただいたので、手際よく、でも昨年とは少し違ったバージョンで…と皆様工夫しながらのレッスンでした。

今年は基本の茶葉を4種類、まずは試飲していただいてから、お好みの茶葉をセレクトしていただきました。

1224-5

今年はマロウブルーも入れて鮮やかにしてみました。

マロウブルーとは、色の変化を楽しめるハーブティーで、サプライズティーとも言われています。

夏のレッスンではウエルカムティーとして大活躍したハーブティーです。

1224-6

今年最後の生徒さんは私がレッスンを始めた頃からの方々でした。

レッスンを受講されたら、また皆さんで集まって復讐されているというほど熱心な方ばかり。

私の紅茶レッスンを、癒されに来ているともよく言って下さいます。

新メニューで不安な時、彼女達に『美味しい~!』『このメニューいいですよ』と言っていただけると、私は地震を持つことが出来ます。→プロとしてはあまいかな(笑)

 

今年は大勢の方とお知り合いになることができ、とても充実した年でした。

レッスンを何度も受講され、私と会う機会も増えると、紅茶だけでなく、仕事の事・家族の事など色々なお話をして下さる方も多く、時には感極まって泣いてしまう方も…。そして私自身も泣いてしまったレッスンもありました。

 

レッスンをしなければ、出逢えなかった方々。これも皆様のお蔭です。本当にありがとうございました。

まだまだ勉強しなくてはいけない事は多々ありますが、来年も精一杯、楽しく、美味しい紅茶の淹れ方をご紹介出来たらと思っています。一年間どうもありがとうございました。

来年も宜しくお願い致します。

 

武井 由佳


菓恋さんでの紅茶レッスン

昨日、長野市の善光寺付近にある『しふぉん&ケーキ菓恋』さんで紅茶レッスンを行いました。
菓恋さんのシフォンケーキは膨張剤や保存料は一切使用せず、体に優しい素材のものばかりです。
販売スペースの隣に喫茶コーナーがあり、そちらにシフォンケーキとお茶をいただける空間があります。

シフォンケーキは素材そのものの味を楽しんでいただきたいという想いから、喫茶でのシフォンケーキは出来れば生クリームを添えたくないというオーナーさん。
シフォンそのものの味で勝負したいという強い意志のオーナーさんの思いをお聞きし、その想いにお応えする紅茶には、やはり紅茶のシャンパンと言われている「ダージリン茶」をご紹介しました。

茶葉のお話や、メーカー品による茶葉の違い・選び方などをお話しました。
皆さん紅茶に興味がある方々ばかり。真剣にメモを取り、産地別による茶葉の香りや大きさの違いなどを確認していただきました。
それから実践していただき、皆さんとても手際がよく、スムーズにそして上手に淹れることが出来ました。

シフォンケーキは何種類もあるので、皆さんお好みで選んで頂きました。
渋みのあるダージリン茶を飲んだ後はシフォンケーキを食べて、ダージリンの渋みが更にお好きになれたようです。
レッスンの後は、皆さん和気藹々とおしゃべりを楽しんで頂きました。
初対面の方同士でもこうして一緒にレッスンをし、ともに時間を過ごす事で不思議と打ち解けてしまいますよね。

菓恋さん。そしてされた方々、ありがとうございました。


神戸・富永貿易さん訪問

先日、神戸にある富永貿易さんにお邪魔しました。
このブログを読んでいる方はご存知かと思いますが、私がよく紅茶教室で使用している茶葉を輸入している商社です。

『高品質の紅茶を手軽に飲んで欲しい』という創業者の想いが込められた『AHMAD アーマッド』
少しでも多くの方に紅茶に興味を持っていただき、毎日の生活に紅茶を取り入れて欲しいという私の想いとピッタリ合うブランドです。

この『AHMAD アーマッド』のショールーム&ショップ隣に紅茶教室があります。
そちらでワンコインレッスンを開催していると富永貿易の営業Mさんから聞き、満席のところ参加させて頂きました。

 

台東食品としても『ワンコイン紅茶レッスン』を開催しているので、レッスン内容・雰囲気・生徒さんの反応など勉強も兼ねて主人とお伺いする予定でしたが、予定が入ってしまい、せっかくお席を確保していただいたので、急遽小学生の娘を連れて行きました。

ショップはこんな感じで綺麗に陳列されています。
商品の説明も手書きで一つ一つ丁寧に記載されていました。

当店でも販売しているお菓子がずらりと陳列されていました。
陳列の仕方って大事ですね。勉強になります。

そしてお教室の内容は『アイスセパレートティー』でした。
夏の定番ですよね。講師の方の話し方・説明・流れ・アシスタントの動きなどチェック。

ティーコーディネーターを取得するまでは、講義の内容のみ勉強してましたが、ライセンスを取得し、教える立場になった今は内容のみならず、講師の方の話の持っていき方・アシスタントの動き・時間配分・準備しているものなどトータルで観察するようになりました。

そして奥が娘が作ったアイスセパレートティーです。なかなか上手に出来てました。

娘も茶葉の説明など真剣に聞き楽しい時間を過ごせたようです。
特に比重の関係に興味を持ったようで、帰りの新幹線の中で『今年の自由研究、紅茶にしてみようかなぁ~』なんて言ってました。

講師の方は日本紅茶協会ティーインストラクターの前田あゆみ先生でした。
先生の説明・内容・そしてアシスタントの方の対応などすべて素晴らしく、さっそく来月のワンコインセミナーで取り入れるつもりです。
前田先生はじめスタッフの方々、本当にありがとうございました。


お料理と紅茶2

昨日アップする予定が一日遅れてしまいすみません(-_-;)
引き続き『お料理と紅茶』のガーデンレッスンのメニューを掲載しますね。

皆さんでピンチョスを作っていただいたあとは、『大豆肉の洋風から揚げ』です。
お肉を使わず大豆肉と言うことで、とてもヘルシー。
味も歯ごたえも殆ど普通のから揚げと変わりません。でもカロリーは半分以下(#^.^#)
見た目もとっても綺麗ですよね。

そして手前にあるのが『アボカドときゅうりの冷製スープ』
色目もとっても綺麗で夏らしいですよね。そしてこんな器に入っていたら益々食欲がそそります。

左手前にあるのが『オイルサーディンのガレット』
ガレット=小麦粉の薄い生地を連想しがちですが、それはフランスのブルターニュ地方の郷土料理。
今回はドイツのガレットでチャレンジ。ドイツは小麦粉ではなく、ジャガイモなんだそうです。

そして右手前にあるのが『アスパラサラダ』です。アスパラの上にチーズをかけて♥
お食事に合わせるティーとして基本的なアイスティーをご紹介し、その後実際に皆さまにも作っていただきました。皆さん、氷選びから真剣です。

食後のドルチェは『キャラメルゼリー』
作り方はとっても簡単でした。ホットティーとともにドルチェを楽しんで頂きました。

今回初めての”コラボ”を経験させて頂きましたが、私もとても勉強になりました。
アイスティーに入れるレモンの切り方、最終日のクラスにはアップルティーをご紹介したのですが、りんごの切り方、薄さなど真知子先生とは違って、まだまだ勉強が足りないと感じました。
そしてもっと学び、皆さまに素敵なティーをご紹介していきたいと強く感じたコラボレッスンでした。

ご参加いただいた方々、本当にありがとうございます。


日本紅茶協会

昨日、日本紅茶協会による講習会に参加してきました。

午前中は産地別による茶産業とテイスティングでした♬

教室に入ったとたん、既に産地別による茶葉やテイスティング容器が準備されていました。

茶葉の形状や外観、色、葉のより具合、葉の重さ、香りなどを確認します。

そして紅茶液を口に含み、茶殻も見て、嗅いでといろいろな方法で産地別による茶葉の違いを確認しました。ダージリン・アッサム・ニルギリ・ウバ・ディンブラ・ヌワラエリア・ケニア・キーモンと代表的な茶葉がずらりと並べられています。


少し画像が暗くて見れにくいかもしれませんが、茶葉を積む時期によって外観・味が異なります。特にダージリンは一番摘みをファーストフラッシュ、二番摘みをセカンドフラッシュと言われているのですが、違い、分かりますか?

受講者は約42名いましたが、大手紅茶メーカーさんやバイヤーさんなど半分以上が男性でした。

女性は茶園を経営されている方、茶葉を輸入されている方・喫茶店を経営されている方・食育などを専門に講師をされている方等様々でした。

そして最後に・・・・・たまたま私と同じ席になった方が、卸売りをされている名古屋の女性と滋賀で茶園を経営されている女性でした。お二人ともご商売をされていて、何となく私と立場や環境が似ており、親近感、そして励みに感じました。

私ももっと勉強して、色々なアイディアを出しながら、皆さんが何を求めているのかを追求しながら、美味しい紅茶のご紹介をしたいと思っています。

ガンバロー♡♡