BLOG

フレーズ トルテ

 

ブログアップが遅れてしまいました…(;^ω^)

レッスンで、バナナケーキを作りました。レッスンの時によく作るデザートがパウンドケーキ♪

ドライフルーツ・イチジク・ニンジン・オレンジピールなど、色々な種類のパウンドケーキを作りますが、一番私が好きなパウンドケーキはバナナケーキです。

1222-5

バナナケーキにクルミを入れる方も多いと思いますが、私はチョコレート、誰もが知っているロッテの『ガーナチョコレート』を使用 ^^)

トッピングにはバナナチップをのせます。

バナナチップって買っても残りませんか?残ったバナナチップを使い、バナナのしっとり感とガーナチョコレートの甘さで、美味しさが倍増し、お友達にも喜ばれます♪

 

先日のレッスンでは珍しくお菓子のレッスンでした。

前回紅茶のレッスンで出したお菓子だったのですが、とても好評をいただき、是非教えて欲しいとのことで特別にご紹介しました。

1222-3

1222-4

お菓子は本業ではないので正直自信がなく、何度も何度も練習しました(笑)

特に今回はムースお菓子だったので冷やす時間を考慮し、通常の紅茶レッスン2時間半以内に終わらない…、どうしたらいいものか悩んでいました。

たまたま別の生徒さんたちの紅茶レッスンの時に、お菓子レッスンのお話しをしたらそういう時はお持ち帰りしたらどうかしら?100円ショップの可愛らしいプラスチックのカップを使ってお持ち帰りするだけでも充分生徒さんに喜んでもらえるはず…等、アドバイスをいただきました。感謝です♪

 

こちらがお持ち帰り用のフレーズ トルテです。

スポンジにいちごピューレを使ったムースを合わせた季節感溢れるケーキです。まだ苺が出始めでちょっぴり色が薄いですが、上品は仕上がりになりました。

image1222-2

※お客様から許可いただいております。

先日はありがとうございました。ブログアップ遅れてごめんなさい(;_;

 


大人のクリスマス

 

子供たちが寝たあとのクリスマスイヴの夜には…

1223-2

主人が、ビールにワインと散々飲んだのに、物足りなかったのか?棚の奥にあったブランデーを見つけてきました(笑)

角砂糖にブランデーを浸して火をつけると、こんな風に青い炎がゆらゆら揺れてとても幻想的ですよ♪

雪も積もってきて、クラシカルな大人の紅茶です。

 


ストロープワッフル

 

オランダの伝統的なお菓子、ストロープワッフル。

ワッフル生地の間にキャラメルシロップを塗って二枚のワッフルを挟んだお菓子で、そのまま食べても美味しいですが、コーヒー又は紅茶のカップの上に乗せると、ワッフルの中のキャラメルが柔らかくなり、美味しさが倍増するんです♪

1125-2

まずは見た目で驚かれ、実際に食べて頂くと、しっとりとした食感に満足され、また紅茶も更に美味しく感じられたようです。

オランダってこんな食べ方をするんだよね~なんてウンチクを語りながら食べて頂くのも楽しいでしょうね。

クリスマスパーティーやお客様をご招待する機会が多くなってくるこの時期。

見た目にインパクトもあり、美味しい。そんなウエルカムティーを飲めたらお客様も大喜びです♪

 

使ったのは…ワッフルを焼く時間がない時にピッタリの市販の輸入菓子です。

1125-1_2

ワッフル生地は薄く焼き上げてあり、ティカップの蓋代わりにもなるくらいなので意外と大きくてビックリ。

ティーカップにのせ約2分。

甘い香りが漂って、サンドされたカラメルシロップがとろけだします。

その頃が食べ頃ですので、美味しい紅茶とともに是非お召し上がりくださいね。

ありがとうございました。

 


金柑のアイスティー

2014年、年明け初めてのレッスンでした。

 

11月下旬~2月頃まで、店頭でもよく見かける金柑は、果実も独特で、皮が甘く果肉は酸っぱいので、丸ごと食べることが出来ます。

ビタミンCが豊富で、風邪の予防、特にのどの炎症を鎮める働きがあるので、今の時期にはピッタリの果物。

金柑1

年明けの初めてのレッスンということで、お正月は過ぎてしまいましたが、少しお正月気分を残したくて、お花も大好きなピンポンマムで和風にアレンジしました♪

よ~く見ると金柑のタネも入っていますが、とても美味しく、何よりも色目が綺麗です。

金柑5

金柑は中国が原産地ということで、茶葉も中国の安徽省祁門県付近でつくられている『キーマン』と合わせてみたのですが、金柑の風味や味が潰されてしまい、イマイチ…

色々な種類の茶葉を合わせてみたのですが、スリランカ産のセイロンと合わせると金柑の風味や濃度が更にしっかりとした味わいになって、とても美味しく出来上がりました。

最近の私のレッスンはアレンジティーが多いのですが、特にフルーツの場合は、そのフルーツに合う茶葉、合わない茶葉がハッキリと分かれます。紅茶の味もフルーツの味も最大限に良さを引き伸ばしたいですものね。

 

ちなみに、、、金柑のアイスティーもとても美味しいのですが、夜はシャンパンを入れると更に美味しいですよ(笑)


今年最後のレッスン♪

今年最後のレッスンをしました。

レッスン内容はクリスマスティー
クリスマス当日だったので、モチベーションもあがりました。 『BASILUR バジラー』というスリランカの紅茶メーカーさんのクリスマスティーを見ながら、皆様にもオリジナルクリスマスティーを作っていただきました。

1224-4

バジラーは紅茶の缶が有名なブランドで、クリスマス限定ver.は特に素敵なものばかり。

この缶はオルゴールになっていて紅茶缶を開けながら音楽が聞こえてきます。

缶が素敵で紅茶を好きになったという方も多いのではないでしょうか。使い切った紅茶缶をインテリアとして飾られる方、お花を生けられる方、ペン立てにされる方、皆さん様々です。

ちなみに私は、インテリアとして飾ることもありますが、子供がペットボトルの蓋を集めているので、ペットボトルの蓋入れやベルマーク入れなどに使ってますよ(笑)

 

先週までのアレンジされていたもみの木も散りばめて、サンタのお人形も飾ってみました。

1224-1

お客様は昨年もクリスマスティーを作っていただいたので、手際よく、でも昨年とは少し違ったバージョンで…と皆様工夫しながらのレッスンでした。

今年は基本の茶葉を4種類、まずは試飲していただいてから、お好みの茶葉をセレクトしていただきました。

1224-5

今年はマロウブルーも入れて鮮やかにしてみました。

マロウブルーとは、色の変化を楽しめるハーブティーで、サプライズティーとも言われています。

夏のレッスンではウエルカムティーとして大活躍したハーブティーです。

1224-6

今年最後の生徒さんは私がレッスンを始めた頃からの方々でした。

レッスンを受講されたら、また皆さんで集まって復讐されているというほど熱心な方ばかり。

私の紅茶レッスンを、癒されに来ているともよく言って下さいます。

新メニューで不安な時、彼女達に『美味しい~!』『このメニューいいですよ』と言っていただけると、私は地震を持つことが出来ます。→プロとしてはあまいかな(笑)

 

今年は大勢の方とお知り合いになることができ、とても充実した年でした。

レッスンを何度も受講され、私と会う機会も増えると、紅茶だけでなく、仕事の事・家族の事など色々なお話をして下さる方も多く、時には感極まって泣いてしまう方も…。そして私自身も泣いてしまったレッスンもありました。

 

レッスンをしなければ、出逢えなかった方々。これも皆様のお蔭です。本当にありがとうございました。

まだまだ勉強しなくてはいけない事は多々ありますが、来年も精一杯、楽しく、美味しい紅茶の淹れ方をご紹介出来たらと思っています。一年間どうもありがとうございました。

来年も宜しくお願い致します。

 

武井 由佳