Posts Tagged “ミルクティー”

佐久正法寺さんにての紅茶講習会

またまたブログアップが遅れてしまいました💦

 

先日の続きです…

いよいよ講習会がスタートしました。

皆様真剣に聞いていただいてます。

私はいつもの産地別によるボードを使って説明。

茶葉の選び方や産地の違いを説明した後は、実際に淹れてご紹介しました。

お客様から写真を頂いたのですが、ガニマタでお恥ずかしわ(笑)

今回も私が大好きなタルトです。

いつも主催社の方から、どんなお菓子がいいですか?と写メが送られ、その写真を見ながら決めています。

この時期ならではの洋ナシのタルト。

こうして主催者の方のきめ細かい準備があるからこそ、本番を迎えることが出来ます。

今回ご依頼いただいた正法寺の奥さまのルミさんと♡

講習会のあとは皆様と共に♡

講習会後は、皆様とご一緒にご紹介したロイヤルミルクティー、ホットティーと共にサンドウッチ、ケーキを食べながら雑談をしました。

普段ティーバッグで紅茶を飲んでいる方、珈琲しか飲まない方、皆様の普段の生活までお話を聞かせていただき、とても実りある講習会になりました。

ありがとうございました。

今回のテーブルコーディネートは身近にある物を使ってコーディネートしました。

毎日の生活に、ほんの少しほっこり出来る時間を感じていただけたらと思います。

ご参加いただいたお客様、またお声かけをしていただきました正法寺のルミさん♡

ありがとうございました。

 

 

 

 


大きなティーカップ

先日のレッスンの様子です。

(またまた遅れてゴメンナサイ…)

ロイヤルミルクティーが美味しい季節になりました。

寒い朝にはミルクティーを飲むと、ホッと一息今日も一日頑張ろう!!という気持ちにさせてくれます。

大きめのカップにたっぷりのミルクティー。

ほっこりとした気持ちにさせてくれますよね。

ミルクティーに合うお菓子はなんと言っても素朴なバターたっぷりの焼き菓子だと思います。

リンゴの焼き菓子は大好きです。

リンゴのお菓子を食べた後に飲むロイヤルミルクティーが更に美味しく感じられます。

お花はテーブルコーディネートに合わせて、モダンなユーカリを♬

お一人づつ、この時期には珍しいアジサイを添えました。

適度な渋みと香り、そして綺麗なキャラメルの色をしたロイヤルミルクティー。

是非お試し下さいね。

使用した茶葉は→★

 


マロンのムース

連日ミルクティーレッスンをしています。

寒い時期はやはり温かいミルクティーが恋しくなります。レッスン内容は基本のミルクティーの淹れ方を覚えたあとはみるくてぃーのアレンジティーをご紹介していますが、デザートは出来る限り変えるようにしています。

今回は4名様初めのお客様でしたので、私のお得意でもある?紅茶のティラミスとマロンムースを作ってみました。

127-3

トッピングのお菓子は、森永製菓の『小枝』とクラシエの『甘栗むいちゃいました』です。

長野でお菓子屋さんと言えば…台東と自負していますので、やはりそこに嫁いだ妻としては、台東食品店内で販売している商品を出来る限り使いたいと思っています(笑)

お菓子の材料…時には取り寄せなくてはいけない場合もございますが、なるべく誰でも簡単に入手できる材料を使いながらお菓子を作ろうと心がけて作っています。

明日のレッスンのお菓子…うーん何にしようっかなぁ…

 


ウォーカー限定ロンドンバス缶

たまには店頭の宣伝です(笑)

朝、子供達を送り出してから、ゆっくりと甘いお菓子と紅茶を飲むのが私の習慣です。

といってもたった5分から10分ですが…(笑)

でもこの僅かな時間が私にはとても大事。

何か問題を抱えている時は、心を落ち着かせ、また何かに挑戦しようとしてい時は前向きになれたりと、自分と向き合える時間だからです。

今朝は、ミルクティーと共に、ウォーカー限定ロンドンバス缶のショートブレッドをいただきました。

このところ少しお疲れ気味なので、適度な甘さは、頭と体がスッキリとし、今日1日、頑張ろうという気持ちになれます。

ロンドンバスバージョンとロンドンタクシーバージョンがあって、とても可愛らしい缶です。

クッキーを食べ終えたら、息子にプレゼントしようか?小物入れにしようか?どうしよっかなぁ…

店頭販売していますので是非お試し下さいね。

 


ラ・フランスのクラフティー

10月中旬あたり西洋梨のラ・フランスが店頭で販売されています。

フランスで『わが国を代表するのにふさわしいフルーツである』と賞賛されたことから命名されたそうです。そんな旬を使ったデザートとこの時期に人気のミルクティーレッスンをしました。

P1050791

P1050788

ミルクティーには適度な甘みがあるので、それだけで十分満足感が得られますが、温かいデザートのクラフティーともとても相性がいいです。

クラフティーは、日本の梨とちがって、シャキシャキとした食感はなくとろけるような食感に甘みも香りも強いです。

P1050796

お客様は初めていらっしゃる方が数人いらっしゃり、お渡ししたレッスンマニュアルをチラッと拝見したら、こんなに細かく記載されていたので、お願いしてパチリさせていただきました。

絵で描いた方が分かりやすということで、私が実践している最中に描かれていらっしゃったようです。

素晴らしい。そして感激しました。

P1050793

これからも分かりやすく、簡単に、美味しく、毎日淹れていただけるいような紅茶を紹介したいなぁっと改めて感じたレッスンでした。

ありがとうございました。